憂鬱メロン

音楽とサッカーが好きです。備忘録。

定食屋、そして終わりのない悲しみ

学生の一人暮らしで、陸なものを食べていないのが祟ったのか、喉が痛む上に鼻水もずるずるの風邪気味になってしまったので、こんな時ぐらい良いものでも食べて栄養をつけようと思い、近所の定食屋に出かけることにした。

 

久方ぶりの外食に、浮きたつ気持ちを抑え、熟考に熟考を重ねて私が注文したのは、豚生姜焼き定食にカキフライがついたセット。大体1,000円位で、学生の私からしたら、かなりのご馳走である。

 

しかし、注文時に事件は起こった。

 

私より少し遅れて、禿げたおっさんと若い女のカップルが入店してきたのだが、その禿げた中年男性が、あろうことか私の注文を聞いて、連れの女に、こう吐かしたのである。

 

「ーこういうとこまで来て、カキフライとか生姜焼きみたいな、いつでも食べられるもの食べたくないよね笑」

 

 

 

は?

 

 

定食屋なんだから、家庭でも作れるようなもんしかメニューにねえだろうがハゲ。それにそのセリフを吐くようなハゲが十も二十も年下の女を連れて場末の定食屋なんか来てんじゃねーよハゲ。というかこのハゲはいい年して女誘うのに気の利いたレストランの一つも予約できねーのか情けねーハゲだな。第一、人の注文に文句つけてんじゃねーぞハゲ。

 

 

このように悶々とした気持ちで静かに定食についてきた味噌汁を啜っていると、件の禿げが店員を呼んだ。

注文をするようだ。

 

 

 

オウオウオウ! てめえさっきは偉そうなこと吐かしやがったからに、さぞかしセンスある注文をしてくれるんだろうなぁ!?と思って聞いていると、

 

 

 

禿「ーこの日替わり定食ください」

店員さん「すみません、今日は生憎材料が切れてまして...」

私(ざまあ笑)

 

 

 

私(何を頼む?どうせ季節の定食で鰆の塩焼きとか...)

 

 

 

 

 

 

禿「じゃあハンバーグ定食で!キリッ」

私(!!!!!)

 

 

おいおい抜けてるのは髪だけにしてくれよハゲのおっさん!!諸行無常盛者必衰の理を形容するかのようなその頭皮とは反比例して頭の中は幼児退行しちゃってるのかな?

というか、あんな言葉を言った手前、よくそんな小学生が頼むようメニュー頼めたな、お前の意思もお前の毛根と一緒でコシがねーんだな!それともあれか?その醜悪なゴラム※みたいな見た目なのに男の子が大好きなハンバーグ定食頼む僕ちん可愛い路線に変更したか?ハゲがそんなギャップ萌え狙ってんじゃねーぞ!キモいんだよ!というかそれ、もしかしてこの後に向かうホテルでの赤ちゃんプレイへの布石なの?禿げ上がった頭でにやけながらおっ○いをハンバーグみたくこねくり回しながら一言、

「今日食べたハンバーグより柔らかくて美味しいでちゅ」とか言うんだろどうせ、それも、デュフデュフ言いながらすんだよ。あーこのハゲほんとに無理だわキモいわー生理的に受け付けないし、本当に身の毛がよだつ... あ、おめーは立つ髪もねえよなあ笑 羨ましいか、ん?立つ髪がないからって別のもの立てますってか?やかましいわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってか、このハゲ赤ちゃんプレイとかしてんの?きっっっっっしょ!!!!!!!

 

 

 

 

 

このように、怒り心頭怒髪天を突く勢いで飯をかきこんでいたら、味わう間もなく久しぶりの外食が終了していました。死にたいです。

 

 

www.youtube.com

 

※ゴラム

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%AF%E3%83%AA